Barrier 1 Barrier 2 便座高、伸縮杖長など Barrier 3 建築デザインバリア
Accessibility in Boston 公共交通 Public Transportation 2 Child Porn, Drunken, and Smokers' Japan
UTF-8 トイレ便座高、伸縮杖長など器機問題
Problematique accessibility in Japan 2, tools & devices


Men's bathroom is also W/C accessible in Chinese super market in my neighborhood in the U.S., of course with wide corridors.
Based on ADA standard of 43 - 48 cm, the designer has chosen the seat height of 44 cm, which is the best suitable for mainly Asian customers.

アメリカ、近所の中国系スーパー男子トイレも、車椅子アクセス可能、むろん通路は広い。
ADAのトイレ基準 43 -48cm のうち、44 cm 便座高を選んだのはデザイナーの見識、主にアジア系の客に最も適している。

日本でハートビル法のトイレ基準は、42 - 45 cm。ToToは、他で身障トイレに常に最高の 45 cm を選んでいるが、予算も最高なのだろう。


Vietnamese restaurant in my neighborhood in the U.S. is equipped with W/C bathrooms both for men and women.
アメリカ、近所のベトナム料理店は、男女とも車椅子トイレのみ設置。玄関もアクセス可能。

* ことわざに曰く。
  おびに短し、たすきに長し   (長すぎたり、短かすぎたり、どうなっているの? 物作り日本のこだわりは、何ミクロンでしょ。)
  大は小を兼ねる。              (確かに 療法士は、パイプカッターやのこぎりで杖の長さを調整する、しかし...)
  転ばぬ先の杖。                (むしろ心構えや、転倒予防の用心を説いている。)

* Caution: Ask NOT a shopper, dealer, or maker, but an experienced expert for walking aids or tools for assisted living, because Japan is the country of technology development leading Asia and the world based not on proper ergonomics but mass-production or commercialism; a dangerous patent.

* 警告: 歩行補助具や、介護用品をお求めの場合、熟練の専門家の意見を求めて下さい。ショップやディーラー、メーカーに至るまで、まともな人間工学でなくマスプロや商業主義の、アジア、世界をリードする技術開発の日本ですので; 危険な特許。

Accessibility in Boston   Barrier 1 へもどる

建築デザイン Barrier 3   公共交通バリア Public Transportation 2 へつづく


This home center in Japan sells adjustable length T-canes 65cm - 85cm, 68cm - 90.5cm, but too long even at the shortest and too short at the longest.
日本、このホームセンターでは、 65cm ~85cm、68cm ~ 90.5cm の伸縮 T杖を売っているが、低い身長には長すぎ、高い身長には短すぎる。しかも、誰が選んで調節できるのか?

Easy-to-get standard needs appropriate research and development. Wooden handle, adjustability, and reasonable price is good.
安価、木製のグリップ、調節付きは優れているので、身近に手に入る規格は統計研究が望ましい。


Does an unstable senior citizen or person with disabilities need the
shock absorbing mechanism, if a little long 69 cm - 95.5 cm and the durability seems to be proper?
日本、不安定なご高齢者や障害者に、
クッション(衝撃吸収)メカが必要だろうか? 69 cm ~ 95.5 cm やや長めの伸縮や、耐久性は適切に見えたとしても。

Shock absorbing mechanism for a cane might have been developed mainly for a mountain climber masculine, but which can not be applicable for senior citizens or persons with disabilities.
杖のクッション(衝撃吸収)メカなるものは、登山の筋骨たくましい男性のために開発されたようだが、ご高齢者や、障害持つ人には適用できない。

* Caution: Ask NOT a shopper, dealer, or maker, but an experienced expert for walking aids or tools for assisted living, because Japan is the country of technology development leading Asia and the world based not on proper ergonomics but mass-production or commercialism; a dangerous patent.

* 警告: 歩行補助具や、介護用品をお求めの場合、熟練の専門家の意見を求めて下さい。ショップやディーラー、メーカーに至るまで、まともな人間工学でなくマスプロや商業主義の、アジア、世界をリードする技術開発の日本ですので; 危険な特許。


Carry a flexible cane in a bag? Unstable people had better show canes with them to caution surroundings in crowded places, and the length is unable to adjust enough.
Prevention is the best cure, cane is the caution before you fall down.
折りたたみ杖を、鞄で持ち歩く?不安定な人たちは、混雑した所で回りに知らせるために、引きずっても見せた方がよい。長さ調節も不十分。
「転ばぬ先の杖、濡れぬ先の傘」


A W/C bathroom in a station is 5 cm raised from the ground for the toilet.
駅の車椅子トイレは地面から 5 cm 盛り土してトイレを付けている。 (業者任せにはできない)


Shinjuku 3 chome subway station W/C bathroom with 40 cm high seat. Japan's standard for "specific facilities" is 42 - 45 cm, but which is NOT open to makers or dealers.
新宿3丁目駅の車椅子トイレ、40 cm の便座高。ハートビル法の"特定施設"の規格は 42 - 45 cm、しかしこれもメーカー、ディーラーに周知されない。


39 cm handicapped toilet seat is low and difficult to set feet backward before you stand up in a bullet train.
この新幹線の 39 cm 車椅子便座高は、低く、また立ち上がる前に足を後ろにセットしにくい。


A commode chair is in need temporarily when patients are weak, and 38 cm height and this shape is difficult to stand up after flexing knees over 90 degrees and set feet backward. Why has 38 cm standard prevailed?
The Japanese portable toilets have traditionally been problematic in standard. Can makers, dealers, or families choose the proper height if it is adjustable?
ポータブルトイレは、患者が弱った時に一時的に使用するのが一般的。
38 cm 便座高や、膝を90°以上屈曲させ足を後ろが困難な形は、立ち上がりに不自由する。38 cm 高がなぜ、主流になってきたのだろう? 療法士は理解に苦しむ。


A very skeptical heavy, low, furniture type commode chair, because it is needed only temporarily. Makers such as Panasonic say to watch TV sitting on it! Out-law standard is supported by Nursing Insurance reimbursement.
    重い、低い家具調ポータブルトイレは非常に疑問、一時的に使用するものであるし。「フタの上に座ってテレビを見て」と言う宣伝!
日本型のポータブルトイレは、形も高さも、伝統的に規格に問題が多い。高さが調節できても、きちんと選べるのだろうか?メーカーも、ディーラーも、家族も。規格が無法地帯でも、介護保険から購入費支給。
低い、重い家具調ポータブル(介護保険支給)を使い切れずに、私の担当者で死者が出ている。


A weak person can't stand up from 35 cm height with this shape difficult to set the feet backward.
筋力弱った人は、35 cm便座高、この形 (足を後ろに持ってけない) からは立ち上がりにくい。


Home centers sell even 30 cm height, because makers make and people are ignorant.
ホームセンターは、30 cm高すら売る。メーカーが作り、人々は無知。


38 cm height has prevailed for a device to change Japanese style toilet to Western, and the shape is also difficult to set feet backward.
和式トイレを洋式に変える工夫でも、38 cm 便座高は主流。そしてこの形は、足を後ろに持って行きにくい。


ToTo Washlett (TM) in my home with 39 cm height, and Mom of 150 cm high with short legs appealed difficult to stand up when she was weak.
At last she got very much weak to walk a short distance from her bed, and... (continued)
安かろう、低かろう。我が家のウォッシュレット(TM) 39 cm は、150 cm身長、短足胴長の母が弱った時、立ち上がりにくさを訴えた。
トイレは、寝室のそば、いよいよ弱った時に...(以下)


My commode chair bought for Mom and used for my uncle, too, in Japan, after asking the dealer the height and type with Nursing Insurance reimbursement. 41 cm height and this shape, also difficult to set feet backward, is not satisfactory.

日本で母に買い、叔父を看取るのにも使用した。介護用品店に便座高や形を特定して購入費支給してもらった。
41 cm高、この形 (足が後ろに引きにくい) はまだ不満が残る。

For commode chairs, Japanese makers rashly joined the development without standard with Nursing Insurance reimbursement, and it's difficult now to get overseas ones.
介護保険で購入費支給後は、日本のメーカーが規格抜きで大挙参入し、海外製 Commode Chair は手に入れられなくなった。

Accessibility in Boston     Barrier 1 へもどる

建築デザイン Barrier 3   公共交通バリア Public Transportation 2 へつづく

page top

Copyright © ErgoD.org Hida Project, 2009 -